外壁・屋根塗装工事で失敗しない方法

埼玉多摩屋根壁館

0120-545-721

〒359-0025 埼玉県所沢市上安松838-5-205

9:00~18:00 / 年中無休

lv

外壁・屋根塗装工事で失敗しない方法

お役立ち情報

2017/08/26 外壁・屋根塗装工事で失敗しない方法

塗装業者から見て、外壁屋根塗装工事で失敗しない重要な事は何か?

 

第1に、検索エンジン(google/yahoo)等バナー広告で表示される見積り紹介サイトにアクセスしない事です。

見積紹介サイトから紹介された業者は契約成立すると、見積紹介業者に契約額の10~15%の手数料を支払います。

業者は、紹介料を上乗せして見積り作成しているので、当然高くなります。

また、加盟業者の審査もなく、どんな業者でも加盟させてしまうので、技術的に問題ある業者もたくさん加盟しています。

 

第2には、訪問販売業者です。

殆どの訪問販売業者は営業だけしか行わず、工事は外注業者に丸投げの実態です。

営業担当者も塗装についての詳しい知識に乏しく、出来ない工事でも平然と受注します。

当然困るのは外注業者なのですが、外注業者は困りながらも適当に工事してしまいます。

塗装の場合、完成直後ではそれを見破れるユーザーはいないからです。

 

第3には、3回以上塗りを売りにしている業者です。

殆どのユーザーさんは、塗り回数が多いほうが良い…と思っているでしょうが、3回以上塗ると次回塗装時、新たに塗られた塗装が剥離する事があります。

塗料メーカーが研究費をかけて塗料を作っており、3回(下・中・上塗り)すれば充分塗料の性能を発揮出来るように作られています。

3回以上塗る業者は、仕上げる技術がないので何回も塗って仕上げるからです。

3回以上塗るのは、お金と時間の無駄にほかなりません。

 

第4には、未だに単管抱き足場を使って施工する業者です。

非常に危険であり、職人も作業性が悪く、良い施工が出来ません。

労働基準監督所から単管抱き足場は使わないようにと指導されています。

工事中に事故を起こしたら、労災や保険の適用外工事となるので、保証を受けられません。

 

以上、ざっと大まかですが、注意点を皆さんの参考になればとブログにアップしました。

 

 

 

 

 

 

TOP